京都暁フットボールクラブ 「暁ニュース」

aktkfc.exblog.jp ブログトップ

アスパ五色大会 暁Vクラス 2連勝

アスパ五色大会 暁Vクラス 2連勝


日 時:平成30年5月20日(日) 天候:快晴
会 場:五色台運動公園(アスパ五色)

参加者:赤瀬、川口、河村、木佐一、北川滅、久世、来栖、
    高田、田中逸、西村、樋口、平岡昇、水口、村岸、  計14名

第1戦    京都暁V : もののけ2000FC
        前半2:0
        後半1:0
        合計3:0 (得点者:高田2、西村)


前半     来栖、 高田        後半    高田、川口
   木佐一、久世、河村          西村、久世、北川滅
      平岡昇、               平岡昇、
   村岸、水口、田中、赤瀬        村岸、水口、田中、赤瀬
         樋口                 樋口

快晴、抜群の天然芝のコートで試合スタート。
前半
 立ち上がりより暁のペースでゲームは進行する。
開始4分、待望の先制点が生まれる。久世、中盤でパスを受け、浅いディフェンスラインの裏に走り込んだ高田へ スルーパスが通る 。ワンドリブル後、シュート決める。
10分、中盤でボールキープした木佐一より攻め上がったフリーの久世へパス。
久世、先制点同様、ディフェンスの裏に走り込んだ高田に渡し追加点が生まれる。
その後、散発的に逆襲を受けるも冷静に対処しシュートを打たせず前半終了。
後半
 序盤、1、2分と立て続きに 得点チャンスが生まれるがものに出来ず。
4分、ようやく追加点が生まれる。
自陣より左サイドを駆け上がった村岸へ久世からナイスパスが通る。
これをペナルティエリア外から西村へセンターリング。左足のクリーンシュートが決まり3点目誕生。
終了迄、終始攻勢かけるが追加点を奪えずタイムアップ。


第2戦   京都暁V : 関西クラシックSC
        前半0:0
        後半1:0
        合計1:0 (得点者:高田)


ポジション  来栖、木佐一
    西村、久世、河村、高田
    水口、平岡、田中、赤瀬
        樋口

前半
 O-60の大阪、兵庫の選抜メンバーが数名在籍するチームとのことで 慎重にボール回しを行うが、相手の早いプレスの為、序盤は暁のペースに持ち込めない。
しかしながら、ゲームが進行するにつれ中盤以後、互角の展開に持ち込む。14分、カウンターから前線の木佐一につながり、後方より駆け上がった久世へ絶好のパスが通るが得点出来ず。その後、一進一退で前半終了。

後半
 立ち上がりから攻勢を受けるが、暁の前線からの早いプレスが機能し始める。
相手に幾度となくゴール前迄ボールを運ばれるがシュートチャンスを作らせずゲームは進行する。我慢の時間帯が続く中で、6分に自陣ペナルティエリア外で相手ボールをカットした西村から久世へボールが渡り、逆サイドの高田に展開。これをGKと一対一から冷静に決める。その後、終盤まで攻勢をかけられるが、全員が集中力を切らさず虎の子の一点を守り抜いて勝利した。


 今回の大会は2戦2勝しましたが、チーム全体がコンパクトなポジションをとり、速いパス回しでゲームメイクが出来、相手DFの裏を取る形をつくれた。しかし、シュートの正確さが問われる試合内容に思われます。得点パターンはいくつか出来つつあると思いますがシュートの正確さを上げるメニューを以後の練習で取り上げていただければと思いますが…

(報告者:暁V 村岸晃行)

[PR]
# by akatsuki-fc | 2018-05-21 21:29 | R.V.A.B

6月23日ABクラス大会in六甲のプログラム

6月23日ABクラス大会in六甲のプログラム
 
     2018年6月23日(土) 西日本OB関西地域大会 in 六甲I 
          (関西地域 A/Bクラス大会)         2018/05/14
                       西日本OBサッカー連盟関西地域
                             プログラム 会 長  細谷 一郎
                       事務局  武田 卓

★ 主 催: 西日本OBサッカー連盟 関西地域
★ 主 管: 一般社団法人 神戸フットボールクラブ
★ 会 場: カネディアンアカデミー
〒658-0032
神戸市東灘区向洋町中4 
六甲ライナー マリンパーク駅下車徒歩5分弱   *雨の場合は、雨の状況により
駐車場有                       1試合の場合もあります
★ 大会要綱                *豪雨の場合は中止の場合もあります
①A・Bクラス                     (AM7:00に決定予定)
②競技規則
(1)試合時間 : 20分-5分-20分
(2)選手交代 : 一度退いた競技者も審判の許可を得て再び試合に出場出来、何回でも交代可能とする。(交代選手でありレッドカードで退場になった選手ではない)
(3)ショルダーチャージ、スライディングタックルなど危険なプレーは禁止。
(4)主将もいかなる競技者も、主審によってなされた決定について異議を示す権利を持っていない。
  (上記の内容には、審判の決定に質問をする権利も持っていない事が含まれる)
(5)上記以外は日本サッカー協会【サッカー競技規則】による。

★ プレー中の怪我等については自己処置していただくものとします。
主催者及び主管者は一切事故の負担はいたしません。

☆参加チーム  Bクラス 豊中FC、 京都暁FC、 関西クラシック 計3チーム
       Aクラス 豊中FC、 京都暁FC、 関西クラシック
            堺けまり団、 和歌山シニア
            八尾シニア、 奈良FCOB       計7チーム
                             合計10チーム
★ 第1試合の両チームは、グラウンド設営準備(ゴールの準備)の協力お願い致します。
★ 最終試合の両チームは後片付けをよろしくお願い致します。

    時 間    組合せ & 結果表          審 判
06月23日(土)                     (主審1名・副審2名)
     
第1試合9:15~10:00 B 関西クラシックvs豊中FC   A 八尾シニア

第2試合10:05~10:50 A 八尾シニアvs奈良FCOB  B 豊中FC

第3試合10:55~11:40 B 豊中FCvs京都暁FC    A 奈良FCOB

第4試合11:45~12:30 A 八尾シニアvs豊中FC    B 関西クラシック

第5試合12:35~13:20 B 京都暁FCvs関西クラシック  A 豊中FC
 
第6試合13:25~14:10 A 奈良FCOBvs和歌山シニア  B 京都暁FC

第7試合14:15~15:00 A 堺けまり団vs京都暁FC   A 和歌山シニアFC

第8試合15:05~15:50 A 関西クラシックvs豊中FC   A 堺けまり団

第9試合15:55~16:40 A 京都暁FCvs和歌山シニア   A 関西クラシック
 
第10試合16:45~17:30 A 関西クラシックvs堺けまり団  A 京都暁FC
 
 
緊急連絡先
神戸FC武田 卓090-7904-4871
危険なプレーはせず、「寸止め」が出来る上手さを習得しましょう!
「勝負には拘りますが、笑顔は忘れない」そんなサッカーを楽しみましょう!
怪我・事故防止の為、今一度皆さんのチームで健康管理、激しいプレーの禁止、
審判に当たられた方の注意事項などを徹底して頂けるようお願い致します。

      『生涯現役!』

大会運営にご協力よろしくお願い致します!

                             暁FC事務局


[PR]
# by akatsuki-fc | 2018-05-14 21:59 | R.V.A.B

暁FCゴルフコンペのご案内

暁FCゴルフコンペのご案内


                  2018年 5月 吉日
                  暁ゴルフ同好会
                  世話人 三木文男、松井紀夫

 皆様におかれましてはますますご活躍のこと心よりお慶び申し上げます。
さて、 今回も多数のご参加をいただきありがとうございます。下記の通り執り行いますのでよろしくお願い申し上げます。

               記
1. 日時 2018年 5月 17日(木曜日)  
2. 場所 ジャパンクラシックカントリー倶楽部 KINGコース
   🏣518-1326 三重県伊賀市槙山下田17-1
   Tel. 0595-42-0050
3.集合時間   8:00 練習グリーン前
4.プレー費   7,850円(昼食付) 

*70歳以上の方はエントリー時に申告してください、
800円が免税されます。
表彰式での飲食費は各自ご精算ください。


5.参加費    1,000円 (表書式前に承ります)
6.表彰     

優勝、2位、3位、5位、その他順位賞、ブービー、ニアピン(Par3 全ホール)


7.競技方法   

・ダブルペリア方式。

・70歳以上の方はゴールドティーを選択できます。

・6インチリプレース(ハザード内は別)

・パットはワングリップO.K.

・同NETの場合は年長者を上位とします。


8.組み合わせ
 1組目 8:18インスタート 下岡正弘、津下雅和、中山養一、松井紀夫
 2組目 8:26    奥田道治、小田晋作、中川保彦、中山秀樹
 3組目 8:34    浅田好市、久世幸弘、小林進 、中江孝夫、
 4組目 8:42    藤林弘 、松田敏彦、松本栄輝、高原広茂
 5組目 8:50    高田厚 、高谷浅光、西村秀夫、及川隆裕
 6組目 8:58    松尾輝夫、森丈太 、槍田圭治
 7組目 9:06    田中逸男、平岡崇 、三木文男
   各組先頭の方はエチケッチリーダーです。プレー終了後スコアカードをマスター室にご提出下さい。
9.連絡先 松井紀夫 tel.090-1131-0128、 三木文男 tel.090-3052-4129
優勝者及びブービーの方に次回幹事をお願いします。但し、Rクラス及びこれに相当される方は除外となります。
キャンセルフィーは発生しませんが、欠席の場合は早めに世話人までご連絡ください。

[PR]
# by akatsuki-fc | 2018-05-08 21:50 | R.V.A.B

京都暁 FC2017  第2節は惜敗

京都暁 FC2017  第2節は惜敗
 

京都暁FC2017  リーグ戦 第2節
日時:2018年4月29日(日)会場:洛西浄化センター   12:30KO

     京都暁FC2017 0-1  FCフォックス
           前半(0−0)
           後半(0-1)


 前半               後半
 北川  平岡の  赤瀬       高田  平岡  上山
                     (北川) (牛場) (山田)
   来栖   木佐一          水口   久世   
      林の               木佐一
                      (平岡た)       
 高田 森 田中い 村岸      西村 田中や 森 田中ほ
      
      橋本                 橋本

〈報告〉 
 試合のテーマとしてポゼッションとした。1週間前の練習会より取り組もうとしているテーマである。相手は50代中盤の選手が6~7人であった。失敗を恐れずチャレンジしようと取り組んだ。
 前半は相手の勢いもあったが互角以上の戦いをし、狙いのポゼッションも局面では発揮できた。
 後半も主導権を握る展開であったが、ゴール前でのスクランブルで失点する。
 惜しくも0-1の敗戦であったが、50代を相手にしてもポゼッションが機能する時間帯があり、より精度を追求すればチーム戦術として定着できると感じた。

 〈課題〉
1 サポートの距離・・・DFラインをより高くしてコンパクトフィールドを保つ
狭いエリアをパスで展開する技術・戦術
2 トップを見る ・・・常に前の選手へのパスを意識してポゼッションする
3 取り組んでいるテーマの共通意識とトライをする事
4 ボールを奪われた時の速いDFへの切り替え・・・味方のミスに対して寛容になれ。 誰でもミスはある。気持ちを速く切り換えよう。

  次回からのトレーニングで前向きに課題をクリアしていきましょう  

           
報告者 暁V 来栖孝治
 

[PR]
# by akatsuki-fc | 2018-05-04 14:50 | R.V.A.B

2018年6月10日 シニアサッカー交流大会 in 守山 プログラム(Rクラス参加)

2018年6月10日 シニアサッカー交流大会 in 守山 プログラム
(Rクラス参加)

e0167810_08045279.png

e0167810_08051002.png
暁FC事務局

[PR]
# by akatsuki-fc | 2018-05-03 08:15 | R.V.A.B

O-70全国大会(福島県相馬市)関西地区予選開催

  
O-70全国大会(福島県相馬市)関西地区予選開催
京都府代表=京都暁FC O-70 2戦2敗にて全国出場権獲得ならず


日時;2018年4月15日(日)9:20~
場 所;Jグリーン堺 追加新設されたS15グランド(人工芝)
参 加;京都府・大阪府・兵庫県各代表の三チーム【優勝・準優勝の2チームが全国大会へ】
    京都府は暁FC・大阪府は大阪FC・兵庫県は県選抜チームにてエントリー

[順位決定にあたっての優先順]は下記にて順位は決定される旨,試合前に小田監督から説明
①勝ち点(勝利3点・引き分け1点・敗戦0点) ②得失点差  ③総得点
④当該チーム同士の対戦結果
(各試合同点の場合:延長戦は無くPK戦で勝敗を決めるが、勝ち点は両チーム共1)
⑤全てが同じになった場合は抽選にて決定

参加者;京都府蹴球協会の山下氏、小田・西・川野・生谷・中川中山(養)牛場・下岡・脇村・大重・内藤・北村・橋本(悠)・小竹津下川上・瀬戸・清水・渡邊・奥田・橋本(久)・浅井・久保田・留岡・山本・西夫人とV応援;田中(逸)・平岡(昇)
*下線付きプレーヤーが第一試合の先発メンバーで4-2-3-1システムで挑んだ

第1試合 9:20予定通りKICKOFF
    直前から雨足強くなりスリッピー 微風・気温低


  京都府代表 京都暁FC 0-2 兵庫県代表 選抜チーム
         (前半0-1、後半0-1)


前半)
 雨の影響で両チーム共にプレーし辛くボールコントロールが思うようにならない中、特に京都にトラップ・パスミスが目立った立ち上がりであった。
 開始4分右サイドライン際から10番細谷からペナルテイーエリア中央付近にて全くフリーで待ち構えていた16番にロビングパスが上がった。危険を察知したMF小田が急遽ケアーに戻ったが、距離があって先に16番がトラップしGK北村と1対1になって先制された。
 この局面、10番細谷の咄嗟の状況判断と正確なロビングを誉めるべきかもしれないが、少なくともゴール前中央に入って来た16番に対して、京都DF陣が寄せ切れ無かったのは残念だった。GKを含めた周りからのコーチングによってDF陣のポジショニングの修正・相互のカバーリングを強化する必要が有るのではと感じた。
 反撃するべく17分左サイドのバイタルから小竹のシュート、19分右スローインから兵庫中西のチョンボで後ろにそらして訪れたチャンスで、抜け出た牛場が右から折り返したが中と合わず追いつく絶好機を逸した。結局前半京都のシュートは小竹の枠外の1本だった。

後半)
 0分小田⇒脇村、10分辻⇒内藤、18分小竹(肋骨打撲)⇒西が交替で出場した
開始早々2分右サイドからのセンタリングのボールをGK北村キャッチしようとしたが、雨で濡れたボールが手元でスリップ、ハンブルし転がってゴールインしてしまった。ベンチからはロビングボールだったので余裕が有ったように見えた。ボールの軌道に正対して懐でのキャッチ又は天候を考慮してパンチングクリアーを選択した方が良かったと思った。
 4分CB津下からのバックパスをGK北村のダイレクトキックのミスや7分敵陣から前線へのロングフィードを1対1で居残りマンマークしていた川野が17番と競り合った際、スリッピーなピッチと相まって後ろにそらしてヒヤっとした場面があったが、この時はGK北村がカバー蹴り出して事なきを得た。いみじくも我がチーム側に「セオリーである雨の日に避けるべきプレー」が度重なり、守備陣が浮足立ってしまった。
 委縮したのか守備陣が敵の逆襲を恐れ過ぎ、攻撃時に押上げが出来なくなり中盤にスペースを空けてしまって更に悪循環の試合展開となった。体調が万全ではなかったエースの牛場が最後まで兵庫中西にマンマークで付かれて普段のプレーが出来なかった。頼りだった川上と共に中盤を何とか支えていた小竹が18分打撲負傷して交替になったので、益々厳しい事態となった。残念ながらこの状況下、京都には2点のビハインドを逆転する力は無くタイムアップを迎えた。結果自滅した形で大事な第1戦を落としてしまった。
 実力差というより集中力と雨天時でのプレーの仕方の差だったのではと私には思えた。

第2試合 11:30KICKOFF
     雨は止んだがピッチ不良 微風 気温さらに低下


      京都府代表 暁FC 0-1 大阪府代表 大阪FC
(前半0-1、後半0-0)


*兵庫戦で川野が右太ももを痛めリタイヤ―。小竹が肋骨裏の打撲で湿布しながらの出場
 土俵際になってしまった最終VS大阪戦の先発メンバーは兵庫戦とほぼ変わらず、新たにMFに瀬戸が入り、川野が抜けたCBに中山が下がって津下とのコンビの布陣でキックオフ
 大阪;4・3・3CB山本が牛場をマーク、MF山野兄・松本・合田FW杉原・川中・角谷

前半)
 雨は止んだものの多量の水を含んだピッチとなった。微風:風上は大阪
皮切り大阪のシュートで始まった試合開始直後の2分、バイタルエリア中央左寄りでボールキープしていた27山野。マークが甘くなった隙を逃さず放った風上からのミドルシュートが直接ゴールインしてしまった。
 開始早々の痛い失点となった=ここ数試合敗れた時と同じパターンで嫌な予感がよぎった。
反撃は密着マークを受けながらも牛場が痛む脚をこらえながらも懸命に走って局面打開を謀った。11分CB山本を振り切った後、右サイドから強目のグラウンダーでゴール前を横切るセンタリングを繰り出し、左サイドを走り込んできた川上とのタイミングが少しずれてしまって惜しくもシュートを決められなかった。数少ない決定機であった。
 14分の山野のロングシュートはGK北村倒れ込んで今度はしっかりキャッチの好セーブ。手強い相手の中盤において、運動量と再三声を出してパスを呼び込み続けていた瀬戸からの良い展開が有った。19分右サイドで瀬戸が右BK裏のフリースペースへ絶好の縦パスを通し中央から右へ流れた牛場に渡りドリブルの後センタリングしたが左サイドで位置取りしていた川上に僅かに届かずシュートできなかった。

後半)
 0分小田退き生谷が左BKに入り・中山がMFへ・CB渡辺の布陣
開始2分PAへ突進した川上に対し前に出てきて防御したGK大西と激突。幸い両者に怪我は無かった。ファール気味だったのでPKかと思われたが主審の判定はノーホイッスル。
 9分それまでは打撲の痛みに耐えながらも奮闘していた小竹が退き交替で西が途中出場。
14分右サイドバイタルエリアで牛場がイエローカードのファールを受けた。そのFKを牛場直接シュートしたが相手BKに跳ね返された。その後は五分五分の展開だったが、大阪は無理に攻めるでも無く、上手く時間を使われた。時間切れにて無情のホイッスルが響いた。
 チームとして纏まりが良く・個々人が役割を果たした試合巧者の大阪府にしてやられた。
京都の単発の「個」に対して大阪の「チーム力」が点差以上に勝敗を別けた試合だった。

*当該試合の後、大阪府大阪FCが兵庫県選抜に勝った結果=優勝:大阪府、準優勝:兵庫県、(上位2チームが関西代表で全国大会へ進出決定)三位:京都府の成績になりました。


京都府サッカー協会:山下さん、雨中での試合に臨んだ選手をはじめ参加選手各位、応援の長老方、臨時でお世話のMG西夫人、O-60から応援の田中・平岡各位お疲れ様でした。
誠に残念な結果になりましたが、今後捲土重来を期し精進していくしか無いでしょう。
改めて今回「One for all・All for one 」の言葉の重さを感じた一日であった。
                     順不同・敬称略
                           


【付録】優勝チームの役割分担と個人別特徴=個人的見解ですので1つの参考に!
 中盤は前:山野トップ下で攻め、後:松本の位置取りで松本が球を左右中心に配給するボランチで分担仕合って縦の位置関係で機能。山野はキープ力も有るうえ天候・ピッチ状況を踏まえて考えたプレーをする厄介な攻撃キーマンで京都は彼を自由にさせ過ぎていた。松本はボールを散らしながらも牛場への球出し元へのプレス・味方の位置取りバランスを重視したプレー。攻撃面は走力の有る川中をCF、両翼にキープ・ドリブルに優れた右に杉原・左に角谷の2本の槍を配して、溜めを作りつつ守備陣の安定と後方からの押し上げを待ってからギアチェンジしてアタックを仕掛けていた。特に右の杉原、緩急を生かしたドリブルは健在で、数度BKを1対1で振り切っていた。守備の中心CB山本が牛場に密着マーク・3番永井が補佐、SBには右に浅野・左に16番本倉(両者クレバー、経験豊富でポジショニングと読みで勝負するタイプ)を配して安全第一のデイフェンスを実践していた。GK大西は守備・コーチングにソツが無かった。[今回杉原・大西の2名が今年度70才の新戦力]
 
報告者:暁R山本 修



[PR]
# by akatsuki-fc | 2018-04-22 22:30 | R.V.A.B

2018年度 関西地域全域V・Aクラス大会 in アスパ五色 プログラム

2018年度 関西地域全域V・Aクラス大会 in アスパ五色 プログラム

e0167810_11591940.png

                   
      暁FC事務局
  

[PR]
# by akatsuki-fc | 2018-04-21 12:07 | R.V.A.B
line

京都暁フットボールクラブ       「暁ニュース」


by akatsuki-fc
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31